読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしづくり・くらしづくり・ふたりづくり

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

本を読む習慣を取り戻す

くらし 思うこと 映画・本・音楽

時間のある時に、2017年にやりたいこと、目標みたいなのを書き出しています。

できれば100個あげたいけど、まだまだ・・・。

 

その中のひとつに、

“毎日少しずつでも本を読む”

というのがあります。

 

もともと読書は好き。

 

以前は、通勤電車の中はほとんど読書の時間だったし、かばんの中には必ず1冊は本が入っていました。

 

でも、今は通勤時間も短くて読書をするほどでもないし、日々のことにかまけて、ゆっくり本を読む時間をとっていませんでした。

だから今年1年間でちゃんと読んだのは数冊のみ。

 

スマホを開く時間はあっても、読書をする時間がない矛盾。

 

前から時々“デジタルデトックス”と称しては、スマホやPCを開く時間を意識するようにはしていたのですが、それでもかなりの時間を支配されているんですよね。

 

addieayumi.hatenablog.com

 

でも、来年はできれば月2冊は読みたいなと思っています。(ハードルはまずは低く)

そして、年明けを待たずにできることは今からと目標に向かうようになりました。

 

 

外に出てお茶をしていても、今までならスマホを開くところを本に代えて。

f:id:addieayumi:20161227150503j:plain

フリーペーパーの1ページをブックカバーにしてみました。

 

先日「とりあえずキリのいいところまで」と時間を計って、集中して読んでみたのです。

そして「このくらいにしておこう」と時間を区切ったのですが、それが20分ちょっとでした。

 

あれ?まだ20分?もっと経ってたと思った、というのが正直な感想でした。

 

今回読んでいたのは、心理学・哲学系の小難しい本だったので、集中しながらしっかり読んでいたからそう思ったのかもしれません。とりあえず1章読んで、咀嚼しながら次に進もうと思ったので。(というか、集中力なさすぎ?)

だから、もっと軽く読める本であれば、20分くらいだと物足りないのかもしれません。

 

でも、20分でも「本を読んだ」という満足感が得られたのは確か。

そして、20分くらいなら1日の中で十分作り出せると思ったのです。

例え20分程度でも、本を読むことによって、心の満足を得られるなら、それは20分以上の価値があるとも思いました。

 

来年は、10分でも20分でも毎日できるだけ本を開き、“本を読む習慣”を取り戻したいと思っています。

手帳にも、その日読書をしたかどうか、何の本を読んだか、と記録をつけてみることにしました。

来年の今頃は、1年間で読んだ本や印象に残ったものなど書き記すことができればいいと思っています。